投稿

2016の投稿を表示しています

【RPGプレイ日記】ブレイブリーデフォルト 全員すっぴん縛りHARDクリア(FtS版)

イメージ
1.はじめに
こんにちは。
今回、「ブレイブリーデフォルト フォーザシークウェル」において、全員すっぴんのみでHARDモードをクリアしたので報告いたします。

今回のきっかけは、「カービィと世界樹どっち買おうか悩むな~、じゃあブレイブリーデフォルト買うか!」ということで購入し、さらに、「普通にプレイしてもあれだなー、なんかいい案ない?」と思い、とあるフォロワー様より「全員すっぴん縛り」という意見をいただき、「じゃあやってやろうじゃねーか!」と思ったことから始めました。

一言で言ってしまうと、多彩なジョブから選択し攻略するという、今作のシステムに真っ向から反発する縛りとなります。
体験版は一応プレイ済みですが、最後まで通してプレイするのは今回が初となります。実質初プレイで今作の醍醐味の1つを封印してしまうことになるとは思ってもいませんでしたが…

2.プレイ条件
縛り条件としては、ジョブチェンジの禁止のみ。すれちがい通信は規制しませんでしたが、一人用RPGで通信機能を使うのもなんかあれだったので後半はほとんど利用していません。

3.感想
まず、かなりよくゲームバランスが練られたゲームだと思いました。
普通に進めても適度な難易度でクリアでき、私のように素直じゃないプレイヤーでも、レベル上げや戦略をしっかり考えればクリアできる難易度だと素直に思います。
ブレイブ&デフォルトシステムで、ためたり連続攻撃したりのタイミングも考えなければならず、思考停止プレイングが通用しないところもなかなか。
また、コンフィグから経験値やBP、エンカウントなどを設定でき、プレイヤー次第で目標を設定しやすいという点も魅力的でした。ある意味開発側のバランス調整放棄ともとれますが、そこまで考慮しても理論上ギリギリクリア可能な範囲で詰められているので問題はないでしょう。
終盤はレベルカンストでも相当な苦戦を強いられ、また、ちまちまとダメージを与えることがほとんどのため、ボス戦は毎回長期戦を覚悟しなければなりませんでした。

物語や雰囲気に関しては、「FF」の強調と王道RPGらしい展開、そしてそれに対するアンチテーゼのようなものが練りこまれており、王道ながらそれをぶち壊す独特な雰囲気に引き込まれていきました。
昔ながらのRPGを現代路線で作るとこうなるということを表していますね。

▼以下ネタバレあり
実は最序…

【ポケモン】シーズン17 真・リザガブ主人公構築ⅣFINAL【最高2086/最終2009/488位】

イメージ
1.はじめに
みずあめぽけと申します。
シーズン17、最終シーズンにして1年ぶりにレート2000を達成することができたので、記念として構築記事の投稿に至りました。

今回の最高レートは2086、最終レートは2009となります。

今期は今まで以上に苦戦しており、序盤~中盤で250戦以上も1600台をさまよっていましたが、シーズン後半に2000手前の2桁順位まで挽回。その後も大幅に溶かしてしまったと同時にリザガブへの限界を感じてしまっていましたが、他のポケモンをまわしながら考えるうちに自分が勝つためにはこれしかないと思い、リザガブゲッコウガの復活を決意しました。その後も少し構築を見直しながら潜り続け、無事1年ぶりのレート2000を達成することができました。

その後2100チャレンジまで到達しており、あと一歩で自己最高レートを更新できるかと思っていたのですが、ここでのオニゴーリへの敗北以降プレイングと精神状態が怪しくなってしまいました。最終シーズンはなんとしてもレート2000をキープして終わりたかったため、最終2009で身を引くことにしました。それでも、今まで以上に2000帯で長く戦うことができたので満足しています。

結果のわりにはたいそうな構築名を名乗らせていだたきますが、最終シーズンであること、久々のレート2000達成であること、メガリザードンYへの強いこだわりがあることを考慮して読んでいただければ幸いです。
最高レート2086、最終レート2009、最終順位488位。なお、証拠が残存している範囲での最高は2056となります。

2.パーティ紹介

パーティメンバーは リザードン/ガブリアス/ゲッコウガ/カイリュー/ヒードラン/ナットレイ となります。

ポイントはやはり、メガリザードンYへの強いこだわりを持ったところです。
シーズン中盤は試験的にもう1体のお気に入りメガであるエルレイドも同時採用していたのですが、どうしてもリザードン1メガの限界に挑戦したいという強い思いがあったこと、私が勝つためにはリザガブゲッコウガ軸じゃないと無理だと思ったことから、最終的にはこの6体になりました。

ちなみに、構築名の由来は私の好きなゲームである「真・女神転生Ⅳ FINAL」から。
最終シーズンである点、私のリザガブでのレート2000達成が4回目である点も意味しており、このように構築名を…

【ポケモン】今だからできるメガリザードンYの考察

イメージ
1.はじめに
みずあめぽけと申します。

今回は、私のお気に入りポケモンであるメガリザードンYの、6世代の結論的な考察、および配分を紹介したいと思います。
なお、環境によって変わってくる点、および個人的主観を多く含みますので、あらかじめご了承ください。

カッコイイよね!!!!!

2.メガリザードンYの基本
リザードン:78-84-78-109-85-100
メガX:78-130-111-130-85-100 メガY:78-104-78-159-105-100
特性ひでりと特攻種族値159から放たれる炎技が驚異的なポケモンですね。
特にオーバーヒートは今世代のあらゆるポケモンの中でも最高クラスの火力指数を発揮します。実用は困難ですがブラストバーンは言うまでもありません。
晴れ状態とソーラービームがあるため、炎タイプでありながら水タイプに強く出ることもできます。

また、リザードンの性質としてメガシンカを2種類もらうという破格の待遇を受けているため、メガシンカする瞬間まで常にXの可能性を考慮しなければならないことも強力です。
どちらもまったく別のベクトルで破格の攻撃性能を持つため読み間違えが崩壊を招くことすらあります。 物理と積み技で攻めるXと特殊の瞬発火力で攻めるY。どちらもメガシンカ屈指の破壊力!

3.環境的な点から見た簡易考察
6世代レートも最終日を迎え、あとはサン・ムーン発売に向けて待つのみとなりました。
ですがオフ会やフリー対戦などを考慮するとこの考察にもまだ意義はあると思います。

今世代は、とにかくガルーラとゲンガーが強力であるため、それらの対策を常に強いられました
特にシーズン8のレート2300到達以降、ガルーラとゲンガーを軸とした、いわゆる対面構築が環境の中心を支配するようになりました。
ある時期を境にガブガルゲンボルトバシャスイクンの形が広く普及し、のちにクレセドランでサイクル性能を補ったり、炎枠がウルガモスやファイアローだったり、マリルリやギルガルドを入れて龍の一貫を切るようになったりと、対面構築というよりガルーラスタンという感じで少しずつ形を変えています。

そんな中、ガルーラは素早さを落とした型やひみつのちから搭載型が増えたり、ボルトロスも遅い型が増えたり、ガブリアスはスカーフが圧倒的1位になって地震読みで投げることができるようになったりと、一時期は…

【ポケモン】ゲンガーキャラランク【クソ記事】

イメージ
ゲンガーのいろんな型を無理矢理ランク付けしてみました。

S †タスキ催眠†
A ピン滅び メガ催眠
B 襷ふいうち 鬼火3W(たたりめ) 珠身代わり 鬼火道連れ2W
C メガor珠3W道連れ 滅び(ゲンガナンス前提) ヘドロ
D 襷3W道連れ 鬼火3W(シャドボ)

無理矢理試行回数稼げる†タスキ催眠†こそが最強にして最凶。

正直これが言いたかっただけです。久々の更新でこんなのを飛ばして申し訳ないです。

【ポケモン】ナットレイ+ヒードラン+α【組み合わせ考察】

イメージ
今回は久々にポケモンの更新となります。
シーズン15は久々の2000を目前に闇に消えました。(最高1988最終1881)
前期より多少は頑張ったものの、シーズン12以降の戦績があまりにも不甲斐なさすぎて悔しいです。
今期からはリアルが少しは落ち着きますので、対戦回数を重ね、もう一度ポケモントレーナーとしての実力を取り戻したいです。
正直レート2000まではいつかは誰でも手の届くラインだと思ってますから。

そんな中ですが最近、シングルレートでまわしているうちに、ナットレイ+ヒードランの組み合わせに強さを実感し、この記事を書くに至りました。


ナットレイといえば、有利対面からやどりぎを撒き、相手をじわじわ削りつつ自分はしぶとく生き残るという戦術を得意としますね。
そのような耐久ポケモンでありながら、高火力技が揃っているので能動的に殴ることもできます。
ゴツメを持つ場合はガルーラやガブリアスにも圧力をかけていけます。
変わったところでは鉢巻ジャイロをぶつけたり(最高火力は意地鉢巻ガブの逆鱗と同等!)、ラムで素催眠ゲンガーを返り討ちにしたりといった型が存在します。

一方、ヒードランといえば、炎技と特性もらいびにより、鋼に強い鋼、炎に強い鋼というオンリーワンの性質を持ちますね。
今世代ではフェアリーを1/4にできる唯一のポジションも獲得しています。
タイプの都合上毒も火傷も砂も入らないため、残飯や身代わりとの相性が抜群です。
また、有利不利が極端であることを利用し、有利対面から眼鏡オーバーヒートを打つタイプの型も存在します。ラティオスと同じ特攻種族値の眼鏡オバヒが弱いわけがありません。

どちらもサイクル戦に向いた性能をしているといえるでしょう。

ナットレイとヒードランは同じ鋼タイプでありながら、お互いに優れた相性補完を持つところが魅力的ですね。どちらも一軍ヤケモンですぞwwwww
ヒードランが苦手な水や地面にナットレイが強く出ることができ、逆にナットレイが苦手な炎やめざ炎持ちの草にはヒードランが強く出ることができます。
無理なく鋼を2体用意できる並びのため、ドラゴンやフェアリーに対する安心感も大きく向上します。

またこういったポケモンたちの不意のめざめるパワーも、どちらか一方しか倒すことができないので、選出の段階から2体がかりで圧力をかけていくことができますね。きあいボールサ…

【写真】東京ミッドタウンにて

イメージ
お久しぶりです。みずあめと申します。

数ヶ月間更新しておらず、大変申し訳ございませんでした。
ポケモンで勝ててたわけでもないですし、かといって何か刺激的なことがあったわけでもないですし、現実的にも忙しいですし。

そもそも夜桜を撮影したいなって思ったのが今回のきっかけとなりました。
都心のほうで夜桜スポットを探した結果、ミッドタウンに行こう!って突発的に決めてそっちへ行くことにしました。
相変わらず計画性なく、「思い立ったらやる!」なスタイルです笑
今まで生まれてから一度も六本木という土地に降り立ったことがなかったので不安でした。

そんな感じで適当に考えながら、夜8時頃に六本木駅に到着。
実はその時点でめっちゃ迷子。
とりあえずミッドタウン方面って案内に従えばいいんだな?って感じで迷ってました。

30分くらい迷ってさくら通りにつき、そこからいろいろ写真を撮影してきました。
本当に写真を撮りにきただけなので、それ以外のことはあまり書くことがないです。

まず到着して撮った1枚。全体をうまく写すことをしたんですけどもうまくいかないですね…
こちらは外周から撮影しました。
こちらも。
実はこのあたりでウサギさんを連れた方と遭遇しまして、お話と撮影をさせていただきました。
久々にかわいい動物を見かけたのでちょっと興奮してしまいました笑
残念ながら掲載許可はいただいてないのでここでは写真は伏せておきます。申し訳ございません。




あとは2階の橋のあたりから。車が通るとより見栄えがよくなる感じですね。
主にきれいに撮れた写真はこんな感じになります。

ギロッポンはシャレオツな街だからってのもありますけど、食べ物屋の値段とか高くて。
カフェ寄ってこうかなって思ったんですけど、金銭的にとても学生が寄れるようなとこじゃなかったです笑

てなわけで最後はラーメン食って帰りました。めんや参〇五にて。
久々の休みで気分転換になったかなって感じですね。
本当はµ'sファイナルに行きたかったんですけども就活の都合で参戦自体を断念せざるをえなくて。(でも物販はイケタヨー
でも写真撮影とか映画鑑賞とかは適当に空いた日にできるので、限られた時間を大切にし、少しでも好きなことで頑張りたいです!

雑記になってしまいましたがここまで読んでくださりありがとうございました!
ご意見ご感想などは、コメントもしくはT…