【ポケモン】シーズン17 真・リザガブ主人公構築ⅣFINAL【最高2086/最終2009/488位】

1.はじめに


みずあめぽけと申します。
シーズン17、最終シーズンにして1年ぶりにレート2000を達成することができたので、記念として構築記事の投稿に至りました。

今回の最高レートは2086、最終レートは2009となります。

今期は今まで以上に苦戦しており、序盤~中盤で250戦以上も1600台をさまよっていましたが、シーズン後半に2000手前の2桁順位まで挽回。その後も大幅に溶かしてしまったと同時にリザガブへの限界を感じてしまっていましたが、他のポケモンをまわしながら考えるうちに自分が勝つためにはこれしかないと思い、リザガブゲッコウガの復活を決意しました。その後も少し構築を見直しながら潜り続け、無事1年ぶりのレート2000を達成することができました。

その後2100チャレンジまで到達しており、あと一歩で自己最高レートを更新できるかと思っていたのですが、ここでのオニゴーリへの敗北以降プレイングと精神状態が怪しくなってしまいました。最終シーズンはなんとしてもレート2000をキープして終わりたかったため、最終2009で身を引くことにしました。それでも、今まで以上に2000帯で長く戦うことができたので満足しています。

結果のわりにはたいそうな構築名を名乗らせていだたきますが、最終シーズンであること、久々のレート2000達成であること、メガリザードンYへの強いこだわりがあることを考慮して読んでいただければ幸いです。
 
最高レート2086、最終レート2009、最終順位488位。なお、証拠が残存している範囲での最高は2056となります。


2.パーティ紹介



パーティメンバーは リザードン/ガブリアス/ゲッコウガ/カイリュー/ヒードラン/ナットレイ となります。

ポイントはやはり、メガリザードンYへの強いこだわりを持ったところです。
シーズン中盤は試験的にもう1体のお気に入りメガであるエルレイドも同時採用していたのですが、どうしてもリザードン1メガの限界に挑戦したいという強い思いがあったこと、私が勝つためにはリザガブゲッコウガ軸じゃないと無理だと思ったことから、最終的にはこの6体になりました。

ちなみに、構築名の由来は私の好きなゲームである「真・女神転生Ⅳ FINAL」から。
最終シーズンである点、私のリザガブでのレート2000達成が4回目である点も意味しており、このように構築名をもじることができて満足しています笑



3.個別解説


メガリザードンY


性格:ひかえめ
技構成:かえんほうしゃ/オーバーヒート/ソーラービーム/はねやすめ
努力値:108-x-52-92-4-252
実数値:167-x-105-155-106-152
メガ後:167-x-105-210-136-152

私が6世代ずっと一緒に歩んできた相棒ポケモンのような枠です。
立ち回りなど語りたいことはたくさんあるのですが、構築記事とは思えないほど長くなってしまいますので前回記事をご覧ください。
今回は、前回記事に投稿しました配分案②のものを採用しています。臆病相当の火力と準速とある程度の耐久を維持した、我ながら自信を持っている配分です。
今までと異なり最速個体ではありませんが、遅いガルーラやボルトロスの増加から、特に不安な点はありませんでした。かといって少なからずいるであろう最速ロトムや最速ヘラクロスを考慮するとこれ以下まで落とすのは困難かと思います。唯一困ったのは最速グライオンでしたが、構築上受けループにはどうあがいても勝つことはできないのでそこは諦めています。
一般的な放射オバヒ型にはねやすめを採用している点がポイントとなりますが、これがまた強くある程度耐久調整をしたこの個体と相性がとてもよかったです。低火力水への強引な後出しやふいうち透かし、役割遂行力の強化と、サブウェポンを持てないデメリット以上のメリットを実感しました。ヒードランやバンギラス、ドラゴンがどうしようもなくなりますが、そこは周囲でカバーします。
今回こそ堂々の選出率1位を飾ることができ、最終メンバーになってからの勝率も前回以上だと思います。

ガブリアス@こだわりスカーフ



性格:ようき
技構成:げきりん/じしん/ストーンエッジ/がんせきふうじ
努力値:0-252-4-x-0-252
実数値:183-182-116-x-105-152

最強の汎用性を持つ、スカーフガブリアスとなります。対面と抜き性能の底上げももちろんですが、早い電気や炎とサイクル戦をするため、スカーフが必須です。
1年前と同様、相手のリザガブもこいつで処理したかったため陽気です。しかし、スカガブがあまりにも増えたからか、陽気スカーフも増えてしまい、同速負けしてしまうことも増えてしまいました。
ほとんどの場合逆鱗と地震しか使わなかったので、岩技の枠は4倍とS操作狙いのがんぷうと2倍と一貫性狙いのエッジを両方採用しました。ちなみにスカーフステロガブは嫌いです笑
カイリューと共存している関係で選出率は少し下がりましたが、今回も主人公の風格を見せつけてくれました。もちろんカイリューと同時選出もしています。


ゲッコウガ@きあいのタスキ



性格:むじゃき
技構成:みずしゅりけん/けたぐり/れいとうビーム/がんせきふうじorちょうはつ
努力値:0-244-0-12-0-252
実数値:147-146-87-126-82-191

絶対的な信頼を抱いている襷ゲッコウガです。一般的な対面構築やサイクル構築には今までより出しづらくなってしまいましたが、リザYの致命的な弱点であるステロ撒きにとても強く、先発性能もあって非常に優秀でした。ゲッコウガの対策不能性もあってのことですが、相手の構築によっては高レート帯で3タテすることもあります。
もともとは波乗りれいび神通力かげうちの特殊型を使用しており、物理型を使用した当初は個体間違えが原因でしたが、これがうまく機能し、どんなに対策してもしきれない、ガルーラやバンギラスに刺さるようになり、またファイアローやバシャーモに先制で強力な打点を持てるようになったため、また違う活躍ができました。なぜかゲンガーが全くといっていいほど出てこなかったのもポイントでした。
使い続けて刺さる相手に刺していくプレイングを覚えていったため、選出率は最下位になってしまいました。ですが、選出時勝率は間違いなくナンバーワンです。
先発に出すのが基本ですが、ボーマンダやラティオスなどに襷を盾にして無理矢理後出しすることもあります。
カバルドン展開やポリ2があまりにも辛かったので挑発を持たせましたが、挑発搭載以降これらとマッチしなかったため使用感はわかりません。がんぷうもウルガモスやリザードンピンポイントなので一長一短。もっといろんな技を試してもよかったかと後悔もしています。


カイリュー@こだわりハチマキ



性格:いじっぱり
技構成:げきりん/じしん/ばかぢから/しんそく
努力値:4-252-0-x-0-252
実数値:167-204-115-x-120-132

本来は補完で入ってきた枠。でしたが明らかに足りない物理打点をカバーしてくれたり、高火力先制技で相手を処理したりと、なにかと便利な枠になってくれました。
鉢巻カイリューは耐久調整が一般的ですが、低速を上から始末したかったので意地ASとなっています。
過去に使用していた際に、ガルーラを上から殴れたのに逆鱗をミリ耐えされ負けるという試合を短時間で3回も経験した恨みから、馬鹿力を採用しました。これが正解で、甘えた遅いガルーラをノータイムで処理することができ、ガルーラを倒した回数はリザードンといい勝負にまでいきました。れいぱんをされると逆にノータイムでやられてしまいますが、耐久調整のイメージがあるからいきなり撃ちづらいのと、そもそもれいぱんかられいびにシフトしつつあったことも追い風だったかと思います。実際最上位で同じことを考えている方も複数いらっしゃったので間違っていないでしょう。
技構成は基本的な4つ。当初は炎のパンチでしたが、炎2枚で炎打点を十分に確保できたことから外しました。なお、HDポリ2はこのポケモンが馬鹿力を当てる以外勝ち目がないため非常に苦戦しました。
ガブリアスと弱点が大きく被ってしまいますが、こちらは力で殴り倒すことがメインであり、またオノノガブ的な役割集中をしかけることもありました。


ヒードラン@ふうせん



性格:おくびょう
技構成:ふんえん/だいちのちから/げんしのちから/おにび
努力値:非理想のため割愛
実数値:191-x-126-151-127-141

最高の補完枠。リザYが絶対に勝てないヒードランとファイアローの対策に特化した型になります。
元々は残飯どくみがでしたが、ヒードランとファイアローの対策のために採用したポケモンにもかかわらず負けてしまうことが多かったためこの型に変わりました。
ヒードランに対しては風船さえ残すことができれば、相手も同じ型だったわけでもない限りまず負けません。
ファイアローに対しても少なくとも1回は後出しが安定し、原始で詰めていくことができます。一度だけHDアローに択とPPで負けてしまったのでPPは甘えないようにしましょう。
副産物として地面にも1回は確実に行動できるようになり、ガブランドに鬼火をあてたりサブウェポンの地震を透かしたりできました。
ポリ2が非常に苦しかったのでどくどくも捨てがたかったのですが鬼火が非常に便利で、ガブガルの地震を透かしながらやけどを入れたり、またクチートとヒードランが対峙する頃にはすでにふいうち安定となってしまっている状況が多かったことから、こちらのほうが優秀でした。
風船を持たせてからはシングルにもかかわらずリザドランを同時選出できる機会がぐんと増え、リザYの天敵をカバーしつつ自身の火力を底上げするという、まさに晴れパらしい動きをすることができたので非常に楽しかったです。


ナットレイ@ゴツゴツメット



性格:のんき
技構成:ジャイロボール/タネマシンガン/やどりぎのタネ/ねむる
努力値:252-60-196-x-0-0
実数値:181-122-193-x-136-22(素早さ個体値0)

ゴツメ枠。リザードンとカイリューがねこだましを喰らってしまった際の引き先となりました。
相手が触ってくれるだけでもりもり削れるため、鉢巻とはまた違った強さを見せてくれました。
炎持ちのガルーラがきつくなりますが、炎持ちは遅いうえに猫を持っていないことが多く、それらはリザードンやカイリューが倒せる対象なのでうまくお互いをカバーできていました。
以前の記事でも解説していましたが、ヒードランとナットレイは鋼2枚の並びにもかかわらずお互いの相性がよく、同時選出も頻繁にしていました。リザードンが竜受けを強く必要とするため、竜に対する選択肢を増やすこともできました。
ねむるが特徴かもしれませんが、やどりぎ以外の回復手段になるほか、積み技のないガブガルや、スイクン、カバルドンを詰ませることができるので、もう少し考察されてもいい技かと思います。

4.立ち回り・選出・考察


このパーティはサイクル戦主体の戦い方になります。ですが、一般的なサイクル構築に足りない火力もこのパーティには不安がないので、対面性能も強く維持できるようになっています。
純粋に殴り合いを強く意識しているため、同じく殴り合いを主体とする、対面構築やサイクル構築に強く出られる一方、補助技を絡めた相手が非常に苦しく感じました。

◆選出


20通りすべての選出が可能なため、基本選出といった形はとっていませんが、おおむね以下のパターンになるため紹介します。

・リザードン+竜+鋼
相手の構築にかかわらず最も多い選出であり、炎+竜+鋼というポケモンバトルにおける最強クラスの相性補完を実現しています。対面構築やサイクル構築にはこの選出が一番多いです。

・リザードンorカイリュー+ヒードラン+ナットレイ
飛行タイプ+鋼2枚の受け重視の並び。クレセドランやキノガッサ入りなどにはこの選出が多いです。

・ゲッコウガ+@2
ステロ展開、ボーマンダorバシャーモ軸、マイナー多めの相手にはおおむねゲッコウガを絡めていきます。残りは全通り選出していますが、リザードンガブリアスカイリューから1体、鋼から1体という形が多いです。


◆有利な相手


・クチート
リザードンヒードランが同時に並んでいるうえ、リザードンのはねやすめやヒードランの鬼火の存在からクチートを強引に通すプレイングも許しません。こいつといるトリルポリ2はこの構築で唯一有利に出られる型なので、なおさらリザードンを通しやすいと思いました。唯一ステロガブ入りにだけは不利をとります。

・フシギバナ
フシギバナ単体というよりXYに多かったタイプのサイクル構築。炎2枚とカイリューの存在から、軸となるフシギバナを許しません。周りに多いサザンガルドマリルリロトムなどはリザードンが負荷をかけていけるので、サザンドラさえ早く倒せればこちらが優位です。

・ライボルト
ライボルトは一見不利そうですが、ライボルトは周囲のサポートを合わせて初めて真価を発揮するポケモンであるため、パワーで大きく上回り、先に周囲を崩すかライボルト自身を崩すかに迫れるため、こちらがかなり強く出ることができます。ライボルトに全抜きされるまで削られない立ち回りを重視します。

・ナットレイ
リザードンとヒードランがいるうえ、ナットレイがいる構築自体こちらのほうが明らかにパワーで上回るため、ただめんどくさいだけで困る場面は少ないと思いました。ただし電磁波が絡んでくると厄介です。

・ヘラクレセドラン
ヒードランがミラー特化型でありなおかつヘラクレセにも強いため極端に有利です。こちらが重大なミスをしてしまった試合を除き8割以上勝っています。この軸にはリザドラン同時選出を積極的にしかけていきます。トリックルームと最速ヘラクロスにだけは注意。

・対面構築
有利かと言われると怪しいですが、だいたいの場合初手にガルーラが来るため、リザードンかカイリューでワンパンできれば一気に優位に立てます。ただし最近はスカガブですらステロを撒いてくるためめんどくさくなってしまいました。なぜかゲンガーをほとんど選出されなかったため、有利なサイクルをしかけられることが多かったです。


◆不利な相手


・ポリゴン2
ポリクチにいる再生も電磁波も持っていないやつには有利でしたが、普通の耐久型、特にHD振りが非常に厳しかったです。ヒードランが毒を持っていないためなおさら。特にポリクチで偽装してくる相手には腹が立ちます。

・マリルリ
リザードン以外はかなり不利です。安易な逆鱗はすぐ起点にされてしまいます。ナットレイが草のくせに腹太鼓を止められない点も辛いところでした。

・ゲンガー
見た目は有利そうですが、実際は対策がかなり薄く特に催眠や鬼火を絡められるとほぼ勝てません。ただし、なぜかほとんど選出されることがなく、出されてもナットレイを強引に滅ぼしにくることばかりでした。やどりぎジャイロで致命傷なのに何を考えているのでしょう。ちなみに、上に行けば行くほどゲンガーを出されない傾向がありました。この通り、サイクル構築に強いとは言いましたが、マリゲンポリ2は非常に厳しいです。

・ヒートロトム
特に、シーズン16以降爆発的に増加したチョッキがかなり苦しいです。リザードンでの強引な崩しが通用しなくなってしまったうえ、有利なポケモンがガブカイリューしかいないため、他のポケモンが対面を作られるとめざ氷が安定してしまいます。

・最速文字持ちガルーラ
準速リザードン、カイリュー、ナットレイがガルーラ対策の要であるため、最速文字ガルーラが無理です。型さえわかっていればヒードランで勝てるのですが、地震やグロパンの所持率からそんなことを考える余裕はありません。個体数が大幅に減ったことは幸いでした。

・アッキウルガモス
対面ならナットレイ以外は有利に出られるのですが、積まれてしまった際の対策をガブカイリューに頼っているため、アッキウルガモスが鬼門でした。初めてこの型に負けた時はPGLに5%もいなかったことから事故だと判断していましたが、その後も複数遭遇したこと、最上位層でそれなりに存在していたこと、被害報告が多数あったことから、この判断は失敗だと思いました。こいつを見たときだけはゲッコウガにがんぷうがほしくなります。

・ステロ展開
リザードンYにとっての致命的な弱点その1。ステルスロックを撒かれるだけで半分削られてしまうリザードンにとってはそれだけで苦しい戦いを強いられます。ゲッコウガを出してなんとしても撒かれない、もしくは撒かれてもそれ以上のアドバンテージをとることでようやく対処できる程度。竜+鋼の構成がほとんどのためガブカイリューでの強引な崩しも決まりにくいです。

・受けループ
リザードンYにとっての致命的な弱点その2。ステロ展開はまだどうにかできますがこれは天地がひっくり返ろうが相手が1ターンミスしようがどうあがいても勝つことができません。
サイクル構築で受けループに勝てないのは甘えと考えられる方もいらっしゃるとは思いますが、こちらのパーティは純粋に殴り合いを重視している点から、補助技を絡めて絶対に負けないプレイングをとってくる受けループはどうすることもできませんでした。特に純正への勝率は0%です。今期は上位に受けループがそれなりにいたことも、厳しい現実を突きつけられたような感覚でした。


5.おわりに


最終シーズンということもあり、今まで以上に頑張り、そして楽しみました。成績はダメでしたがダブルのほうも本気で挑戦しました。
自己最高レートを上回れなかったこと、さらに上へいけなかったことは非常に心残りで悔しい思いをしていますが、過去最高の完成度だと自負できること、好きなポケモンで頑張れたこと、最後にレート2000を超えて終われたこと、非常に満足しています。そして、なんだかんだいいながらも、ポケモンというゲームを全力で楽しめて本当によかったと思います。

第6世代で対戦してくださったすべての皆様、本当にありがとうございました!
7世代でも全力でポケモンを楽しみますので、そのときはまたよろしくお願いします!

意見、感想、批判等ございましたらコメント、もしくはTwitter@mzampkまでお願いします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

【ポケモンSM】シーズン5シングル使用構築 †リザードン堕天~漆黒のX~†【最高最終2008】

【ポケモン】ナットレイ+ヒードラン+α【組み合わせ考察】

【ポケモン】今だからできるメガリザードンYの考察