【ポケモンSM】シーズン4シングル使用構築 リザードン!サンシャイン!!【最高最終2017】

1.はじめに


アローラ!

みずあめと申します。

今回は、シーズン4のシングルバトルで使用した構築の紹介をさせていただきます。
今期は久々のレート2000達成、およびSM環境では初の最終2000超えとなりました!

社会人になってから安定してポケモンをやる時間がとれず、最終3日前の段階で100戦以上しても1600台前半で伸び悩むほど感覚を失っていました。
しかし、最終日にいつものリザガブミミッキュに戻したら急激に勝てるようになったので、その勢いで2000に乗っちゃいました。笑
潜り始めこそ苦しい思いをしてきましたが、悪化するレート差マッチングと深刻な過疎の進む環境の中ではだいぶ健闘できたほうではないかと思っています。


2.構築概要


今回使用した構築はこのようになっております。


リザードン/ガブリアス/ミミッキュ/ナットレイ/ボルトロス/スイクン

これまでと特に変わった要素は少ないです。
強いていうならついにゲッコウガがいなくなってしまったところですね。

使用TN:メガヨハネZ
最高/最終レート:2017
最終順位:192位

マッチングした皆様、ありがとうございました!


3.メンバー紹介


リザードン@リザードナイトY



性格:おくびょう
技構成:かえんほうしゃ/ソーラービーム/エアスラッシュ/はねやすめ
実数値:167(108)-x-102(28)-194(116)-106(4)-167(252)

このパーティの主役です。今期も9割近い選出率を誇りました。
選出率勝率ともに文句なしのナンバーワンです。
今期からは極端なバシャーモ環境になると予想したため、ついにオバヒを切ってエアスラを採用しました。
基本的にバシャーモピンポイントの技ではありますが、炎や龍に対しても高い一貫性を発揮することができ、また窮地で決める3割の不正も強力でした。
最大火力を捨てたことでガルーラやテテフに対する不安が大きくなってしまいましたが、そこは立ち回りでカバーしました。


ガブリアス@こだわりスカーフ



性格:ようき
技構成:げきりん/じしん/いわなだれ/ほのおのキバ
実数値:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

このパーティのもうひとりの主役です。
サイクル、ストッパー、抜きのすべての仕事を任せるため最速スカーフ。
最近のリザYは岩石封じを余裕で耐えてくるため岩魚誰を採用しました。シーズン2で1位だったHBに厚い配分の個体でも15/16で倒すことができます。
6thほどの活躍は難しくなってしまいましたが、それでも依然として最強のスカーフポケモンだと信じております。


ミミッキュ@フェアリーZ



性格:いじっぱり
技構成:じゃれつく/かげうち/のろい/おにび
実数値:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

リザガブの最高の相性補完にして最強の先発要員。約半数の試合で初手Zをかましました。
オニゴーリやバトンバシャがうざいので呪いは必須です。
ランドロスが多いので鬼火を採用していますが、ここの枠は環境によって変更の余地があります。


ナットレイ@ラム



性格:ゆうかん
技構成:ジャイロボール/タネマシンガン/やどりぎのタネ/はたきおとす
実数値:181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22(S個体値0)

サイクルの補完かつちょっとした地雷です。
初手催眠ゲンガーにドヤ顔でジャイロを撃ちます。俺オタクだけど催眠術とかかからねーから笑笑
他にも熱湯で焼かれるリスクを軽減するという意味でもラムは強力でした。
代わりに対ガルーラ性能を失っているのでそこは少し苦しかったです。


ボルトロス@たべのこし



性格:おくびょう
技構成:10まんボルト/めざめるパワー氷/どくどく/みがわり
実数値:177(180)-x-99(68)-146(4)-101(4)-179(252)(王冠使用)

浮いててガブより早い枠。今回は長期サイクル崩しも兼ねてどくみがでの採用です。
マンダ軸やサイクル系統にしか選出していないため選出率は最下位。
格闘Zによる崩しとは一長一短でした。
ガブより早いという条件があるため、この枠は霊獣やサンダーに変えることが絶対に許されません。

スイクン@カゴのみ



性格:ずぶとい
技構成:ねっとう/れいとうビーム/ぜったいれいど/ねむる
実数値:207(252)-x-183(252)-110-135-106(4)(王冠使用)

ヒードラン対策枠。のつもりでしたが、草Zヒードランがあまりにも繁殖していたので対策になっていたかは微妙でした。
どくどくと零度で悩みましたが、リザードンを出さない場合フシギバナで詰んでしまうので強引にいろいろ持っていける零度にしました。
ほぼ零度を撃っては寝るだけの機械と化しておりましたが、最終日の零度の命中は5割を超えていた神ポケモンでした。
れいびの枠は絶対にこごかぜにしましょう。教えさせるのを忘れさせて持ってきてしまいました;;


4.選出・立ち回り


全パターンの選出が可能ですが、ミミッキュ先発、後続リザードンガブリアスのパターンが基本選出となります。
ヒードランが絡んでくる場合はスイクンを出したり、長期戦が予想される場合はボルトスイクンナットの選出をしていきます。

立ち回りとしては先発で可能な限り荒らしてから後続の2体でサイクルをまわすことがメインとなります。
全員が先発でも後発でも戦える性能を持っていますが、選出順がシビアになりやすいのが苦しいところでした。

苦しかった相手はフシギバナ軸です。さらにヒードランがいると完全にお手上げです。
受けループへの勝率も格段に上がったとはいえ、零度スイクン頼りになってしまったのは微妙なところでした。

また問題の草Zヒードランに関しては、一度スイクンとの対面を作ってからナットレイで強引にZを潰す立ち回りをとりました。
相手の雰囲気や立ち回りで草Zはある程度予想できるためすべて読み当てることはできましたが、窮屈な展開を強いられることに変わりはなかったためやはり苦しかったです。


5.おわりに


今期は社会人になってから初めてレート2000を迎えることができ、しかも最終2000も初のためとても嬉しい気持ちでシーズンを終えることができました。
このパーティはこれまでにない自信作でもあるので、今後も改良を重ねていきます。
これからも最強のトレーナーを目指していくZ!!

ここまで読んでくださりありがとうございました。
質問、意見、苦情等ございましたら、コメントもしくはTwitter@mzampkまでお願いいたします。

コメント

このブログの人気の投稿

【ポケモンSM】シーズン5シングル使用構築 †リザードン堕天~漆黒のX~†【最高最終2008】

【ポケモン】ナットレイ+ヒードラン+α【組み合わせ考察】

【ポケモン】今だからできるメガリザードンYの考察