【シーズン11】リザガブ主人公構築【最高2109】

1.ごあいさつ

はじめまして。みずあめと申します。
数ヶ月ぶりに2100までくることができ、私の過去最高レートを記録したため、構築記事を記載したいと思いました。
最高レートは2109、最終レートは2015となりました。
2100から上にいけず、維持もできなかったことが心残りですが、普段1900すら維持できなかった私からすれば非常にいい成績を残せたので満足しています。
以下、長文となりますがよろしくお願いします。

2.メンバー紹介


トレーナーカードでは決定順に並べていますが、実際の配置は以下のようになっております。



詳細は個別紹介の項目に記載しております。
すべて好きなポケモンたちで組むことができたため、見た目にも非常に満足しています。

3.構築の経緯

XY時代より、メガリザードンY+スカーフガブの2体の組み合わせを長いこと愛用してきました。
攻撃性能が非常に高く、タイプ補完も優秀な組み合わせだと思っております。
しかし、この2体だけでは初手のステルスロック要員に非常に悩まされ、特にリザードンに対して圧倒的に有利なガブリアスに対しては絶対に強く組む必要があると感じました。

3体目には今まで、クレセリアやスイクンなど、耐久ポケモンを基軸にしていました。
しかしながら、肝心のステロ展開を防ぐことはできず、また火力の低さ故に、場合によってはエースの起点にされ負けてしまうことも多々ありました。

そのため、3体目には、「初手ステロ要員を絶対に許さないポケモン」を先発要員として採用したところ、今まで伸び悩んでいたレートがぐんぐんあがりました。
このポケモンに求められた要素は、「ステロ要員を許さず、かつ数多くの相手へ有効打を持てる」ことでした。
当初はガブリアスより速くこごえるかぜを撃つことができる襷ゲンガーを採用していましたが、最終的に採用されたのは襷ゲッコウガでした。
タイマン性能が高く、初手ステロ要員のほとんどに強く、またステロ要員がおらずとも先発に出して適当に場を荒らして、後ろのリザードンとガブリアスの攻撃を一貫させるということが主な勝ち筋となりました。また、ゲンガーと比較した際、環境に多いボルトロス、ゲンガー、バシャーモに弱くないところが上記と比較しても非常に魅力的でした。

残りの3体は、害悪や龍悪意識での瞑想ニンフィア、ここまでで非常に重いバシャーモやファイアロー、ガルガブ系へある程度強く出ることのできるゴツメスイクン、そして選出圧力から負担かけ、そして全抜きまで大活躍の鉢巻キノガッサを採用しました。

4.個別解説


リザードン@リザードナイトY



技構成:オーバーヒート/かえんほうしゃ/ソーラービーム/じしん
実数値(メガ時):159-111-110-194-136-167

主軸のメガリザードンYです。こいつとガブリアスでサイクルをまわすのが基本戦術となります。
申し訳程度にファイアローの鉢巻ブレバまで耐久調整を施していますが、マリルリや先制技相手に役に立つことが多く、結果的には正解でした。
4枠目は当初はみがわりを採用していましたが、メガ枠がリザードンだけにも関わらずヒードランがいるだけで選出できなくなってしまうのはどうかと思い、地震を採用しました。地震入れた途端一気にヒードランとマッチしなくなりました
Cを削っている都合上めざ地より地震のほうが威力がでるほか、オバヒを受けに来た炎を削ることもできました。
バンギラス、サザンドラに決して強いわけではないものの、構築全体で弱点をつけるので、命中不安な気合玉にする必要はありませんでした。
本当は控えめで使いたいですが、ガルーラに弱いこのPTでワンチャン残すため、臆病最速がベストだと思いました。
選出率は2位、終盤は出し渋ったせいで負けてしまうことが出てきたのでもっと強気に出していくべきでした。

ガブリアス@こだわりスカーフ


技構成:げきりん/じしん/ストーンエッジ/ほのおのキバ
実数値:183-182-116-90-105-169

もう1体の主軸。極めて普通なスカーフガブリアスです。
先発で適当に荒らしたあと、リザードンとガブリアスでサイクルをまわすだけで勝ててしまうこともよくありました。
高速相手にサイクルをまわしたり、終盤の全抜きに使ったりが主な用途になるため、スカーフ以外ありえません。
また、相手のリザガブにもこいつで立ち向かうため、陽気スカーフが必須でした。
選出率は堂々の1位、主人公の風格を見せることができました。

ゲッコウガ@きあいのタスキ


技構成:ねっとう/れいとうビーム/あくのはどう/かげうち
実数値:147-116-87-155-81-190

シーズン初頭、襷ゲンガーにかわって採用されました。
半分以上の試合で初手選出していました。初手に多いポケモンのほとんどに強いです。
リザードンを使う上で最警戒すべき、初手のステロガブは冷凍ビームからかげうちを打てば突破できます。
後述のキノガッサがいる都合上、襷をほとんど警戒されず、初手で突っ張ってくる中耐久以下にはだいたい勝てました。また、後発からタスキを盾に強引な後出しをしかけることもありました。
悪波+かげうちでHSメガゲンガーを倒すため先制技はかげうちを選択。バシャーモにも択ゲーを仕掛けることができます。
また、襷を盾に試行回数を増やせる熱湯も強力でした。

ニンフィア@ジャポのみ


技構成:ハイパーボイス/いびき/めいそう/ねむる
実数値:201-x-111-145-151-86

害悪や龍、電気を意識した瞑想いびき型。
こいつも初手ガブに強く出たかったので、ジャポを持たせました。
ジャポの実はフォロワー様よりいただいた物です。この場を借りてお礼申し上げます。
216メガマンダの捨て身耐え、無振りガブをハイボで1発のラインまでに抑え、残りをできるだけSに割いています。
選出率はぶっちぎりの最下位でしたが、ただ見せるだけで害悪系に圧力がかかるので、いるだけで十分に仕事をするポケモンでした。選出しなかったせいでエルフーンに2回も負けてしまいましたが
レパガッサバンドリなど、露骨なギミック構築の選出を確実に予想できます。

スイクン@ゴツゴツメット


技構成:ねっとう/れいとうビーム/ねむる/ねごと
実数値:207-x-176-117-135-105(理想値の場合。実際は非理想個体。)

ねむねご搭載ゴツメスイクン。ガブガル、バシャーモ、ファイアローが重すぎるため、それらすべてをある程度まとめて対処できるポケモンとして半分仕方なく入ってきました。
リザードンとのアンチシナジーが凄まじかったため、選出率はニンフィアより少し高い程度。
それでも、ボルトロスのいないガブガルへの圧力になったり、常に残る熱湯のチャンスがあったりと、弱さを感じないポケモンでした。
ただし、採用理由がある意味一番適当であり、最も見直しが必要な枠ではあると思います。
本当は瞑想で使いたいポケモンですよね。

キノガッサ@こだわりハチマキ


技構成:タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/ばかぢから
実数値:135-200-101-x-80-122

シーズン終盤より採用。この枠には当初鉢巻ナットレイを採用していましたが、炎技での出落ち、削れた時に打たれるグロパンなど、あまりにも不甲斐ない結果を残してしまい、キノガッサへの変更を決意しました。
こいつに変えた途端に1600で停滞していたレートが一気にあがりました。
鉢巻ナットレイと比較しても倍近い火力のタネマシンガン、ガルーラすら乱数圏内のマッハパンチ、馬鹿力でジャローダやポリ2が高乱数。
なにより襷前提に相手が動いてくるため後ろへ予想外のダメージを与えることができます。
また、こいつを採用した結果、ゲッコウガの襷がより警戒されにくくなりました。
後出ししてきたジャローダに鉢巻マッパがあたっただけで降参されたり、鬼火をうってくる耐久アローをやけど貫通でぶち抜いたり、極めつけには捨てるつもりで撃ったタネ5粒でメガバシャーモを突破してしまったり。
間違いなく今期のMVPでした。リザガブゲッコウガ軸とはいったい…笑

5.まとめ


初手安定要員を置くことによって、リザガブ選出をより安定させることができるようになり、やりたいことを押し付けることができたと思います。

このパーティの得意な相手は中耐久サイクル構築です。
例えば、サザンガルドorグロスのような並びや、ギャライボナットのような並び。
これらには8割ほど勝てています。
リザードンの指数の押しつけが非常によく通り、先に相手が疲弊するので、とても有利な相手といえます。

逆に、苦手な相手はガブガル+炎など。
初手からゲッコウガやキノガッサにドヤ顔グロパンされるだけで詰んでしまうので、実は構築としては欠陥です。
相変わらず環境の中心におり、最も多いタイプの構築なので、環境上位の対策をもっとしっかり詰めておくべきでした。ガルーラの対策が甘かったことが高レートで生き残れなかった原因です。

また、このパーティではフシギバナ+ラッキーの並びを突破することが絶対に不可能です。
幸いにも今期はマッチしませんでしたが、当たったら初手降参を覚悟するレベルです。

欠陥も多々ありましたが、今まで使用したリザードン軸よりもはるかに馴染みやすいものにでき、また過去最高の成績を残すことができて満足です。

メガリザードンYは環境に不適合などと言われていますが、呼ぶポケモンをうまく崩し、サイクル戦に持ち込むことができれば、まだまだしっかりと活躍させてあげることができます。
この記事を読んで、メガリザードンYの火力に魅力を持ってくださる方が1人でも増えたらいいなと思っております。

来シーズンは過去作がついに解禁され、投げガルや零度スイクンなどの復活で盛り上がっていますね。
そんな中、私は新しい相棒を決定しました。

メガエルレイドと一緒に頑張ります!
彼とどこまでいけるかが非常に楽しみです!

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
ご意見、感想がございましたら、コメント、もしくはTwitter@mizuame_Qまでお願いします。

追記
今更ですが2100達成証拠と最高順位(30位)です。


コメント

このブログの人気の投稿

【ポケモンSM】シーズン5シングル使用構築 †リザードン堕天~漆黒のX~†【最高最終2008】

【ポケモン】ナットレイ+ヒードラン+α【組み合わせ考察】

【ポケモン】今だからできるメガリザードンYの考察