【ラブライブ!サンシャイン!!】Aqours 2nd Love Live! HAPPY PARTY TRAIN TOUR ~9/30埼玉現地参戦~

はじめに

おはよしこ!
じもあいスイポ霊メンヘラリトルデーモンことみずあめです!

今回はなんと!
Aqoursの2ndライブ、HAPPY PARTY TRAIN TOURに参加することができました!


名古屋から始まり、終着駅の埼玉、そしてツアー最終日。
そんな運命の日に、現地に立つことができ、とても幸せでした。
しかも、以前から仲良くさせていただいている皆様と同じ日に参加できました。奇跡だよ~!

ここ最近いろいろと辛いことが続き、人間関係や今後のことで精神崩壊寸前でしたが、この日まで無事生き抜くことができて本当によかったです。

これまでの思い

僕は以前から、複雑な経緯を抱えたままラブライブの世界に近づいていった、少々特殊な触れ方をしてきました。
さまざまな出会いを経験して、気がついた頃には「嫌悪」の気持ちから「好き」の気持ちに変わっていきましたが、それでもそれこそμ'sのファイナルくらいの頃まで、ライブイベントに対する抵抗は消えずに残っていました。

そんな中、Aqoursのシングルを購入したり、アニメを見たりと少しずつ魅力に染まっていき、みんなの声掛けもあって1stのライブビューイングにも参戦しました。
Aqoursの始まり、桜色の奇跡、0から1へ歩み出す瞬間を見た僕は、「2nd絶対現地参戦してやるからなああああああああ!!!!!!!!!!」と、心から強く願うほどにまでなっていました。
それからはもっと多くのCDを買っていたり、アニメを繰り返し見るようになったり、沼津旅行を楽しんでいたり、すっかりAqoursの、ラブライブの魅力に染まっていました。もう以前の僕としては考えることができなかったと思います。

そして2ndライブ。なんと以前から仲良くさせていただいているまさん氏が埼玉現地を当て、僕のことを誘ってくれたのです。
僕の思いは現実になったのです。
それからというもの、この日のために生きるという感情を持って生活しました。
辛いこと、悲しいことがいくつもありましたが、この日のために生きなければならない、そう思って生き抜いてきました。

ライブビューイング

名古屋は諸事情でLVも不参加。
神戸は海老名の会場から、埼玉1日目も(奇跡的に)新宿から参戦しました。
どうしても覚えていない曲が少なからずあるので、現地に向けて覚えるつもりで、でも僕からの愛も伝えたくて、全力で参戦しました。
僕がこれまでLV参加した日程ではユニットシングルの表題曲を聴けなかったので、現地で聴けるのか期待していました。

9/30現地参戦

ついに念願の現地参戦。
会場に近づけば近づくほど、みんなの想いがひとつになっていくのを実感しました。
そして現地ではもう全てを忘れ、ありのままに楽しむことができました。
喉が枯れるまで叫び、体が痛むまでサイリウムを振りました。
0から1へ、そして再び一歩先へ歩みだしたAqoursの姿を、この目にしっかり焼き付けました。

セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN
2.Pops heartで踊るんだもん!
3.少女以上の恋がしたい
4.夏への扉 Never end ver.
5.真夏は誰のモノ?
6.地元愛 満タン☆サマーライフ
7.夏の終わりの雨音が
8.未熟DREAMER
9.恋になりたいAQUARIUM
10.Daydream Warrior
11.スリリング・ワンウェイ
12.近未来ハッピーエンド
13.GALAXY HidE and SeeK
14.コワレヤスキ
15.青空Jumping Heart
16.SKY JOURNEY
17.MIRAI TICKET
18.君のこころは輝いてるかい?

アンコール
19.サンシャインぴっかぴか音頭
20.太陽を追いかけろ!
21.Landing action Yeah!!

ここからは、僕が特に気に入った瞬間をまとめていきます。

HAPPY PARTY TRAIN

このツアーのタイトルにもなった3rdシングル。リトルデーモンの僕としては、果南ちゃんの大逆転勝利に衝撃を受けました。
すわわのセンターが見事に映えていました。あと挨拶時の笛でのおしゃべりがかわいすぎました。

デュオトリオ

埼玉公演からは、デュオトリオ曲が追加されました。

まずは梨子、マリー、ずらまる。湘南乃風みたいにタオルをぶん回したくなりました。
残念ながら僕はまほうのせいすい水鉄砲を浴びることはできませんでしたが、りきゃこがとても近くまできたので悶絶していました。
お寿司のたまご!桜でんぶ!芳香剤!

お次は黒澤姉妹。これまでのラブライブや黒澤姉妹から想像することのできなかった、アジア風の真っ赤な衣装がクールでした。
完璧美人のありしゃとちょっと頼りなさそうなふりりん、そして2人の近づく瞬間が最高に似合っていました。

続いて曜アンドエンジェル!ウクレレを弾きながらトロッコに乗ってくる2人がとにかくかわいいです。
全速前進~!よーしこー!/ \ちょ、だからヨハネ!だってばぁ!
じ!も!あい!じ!も!あい!じ!も!あい!じ!も!あい!

最後にちかっち&果南。悲しげな台詞と曲から、夏の終わり、そしてツアーの終わりを実感させてきます。
きれっきれのランニングマンが印象的で、今までのこの2人からは想像できなかったクールさを体感できました。

未熟DREAMER

名古屋、神戸ではなかったまさかのアニメ曲からの登場。僕も「まじ?うおおおああああああ!」って叫んだ記憶があります。
Aqoursが1つになった瞬間を描いた屈指の名曲です。

ユニット

各ユニットのシングル表題曲が披露されました。
今回の表題曲は各ユニットの特色が最大限に出ていると思っています。
ずっと心待ちにしていたコワレヤスキを現地で聴くことができたのでもう大興奮でした。

MIRAI TICKET

1期ラストで披露された名曲。
未熟DREAMERと同じく意外なところからの登場であり驚きました。
こちらもAqoursの代名詞といえる曲であり、今後も楽しみにしています。

アンコール

ぴっかぴか音頭では厄介セイウチことうちっちーが登場。みんなでお祭り騒ぎをしている感覚で楽しめました。
太陽を追いかけろ!では、たくさんの掛け合いとともに最後まで盛り上げる姿勢を会場全体で出し切れたと思います。
最後に、Landing action Yeah!!が発表されました。Aqours CLUBのテーマであり、これからAqoursがもっともっと歩んでいくと感じさせる瞬間となりました。

茶番アニメ

今回はこれまでと違って特定の飲食物に対する盛り上がりには欠けましたが、善子とルビィの暴走っぷりに笑わされました。
ルビィが善子の儀式の生贄にされてしまったり、スイートポテトを食べすぎてスイポ霊にとりつかれてしまったり。
ぽ~!!!!!

絶叫ポイント


ここからは絶叫ポイントを紹介していきます。
僕は当日叫びすぎて2度も倒れそうになりました。笑

恋になりたいAQUARIUM
コールしていてとても楽しいです。
イェー!ってときの一体感、最高でした。

スリリング・ワンウェイ
イントロアウトロで燃えました。
マイ未来!トライ!トライライ!ホンキデ!ハシレ!

スクフェスオールスターズ発表
ついにμ'sとAqoursの壁が破られました。
海未ちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

PDP発表

今回、PDPおよびスクフェスオールスターズにおける大きな発表がされました。
この瞬間まで、μ'sとAqoursには、大きな心の壁があった、みんなそう考えていたと思います。
しかし、今回の発表は、この大きな壁をぶち破ってくれました。
μ'sとAqoursの掛け合いを経て、新しい「ひとつの光」が見えた、そんな気がしました。

キャストへの想い

ここからは今回のライブツアーを通しての、キャストの皆様に対しての想いを綴ります。

伊波杏樹さん
今回もAqoursのリーダーとして、最前線でまとめきってくれました。
常に笑顔で演じきる姿や最後の問いかけからは、リーダーとして引っ張っていく千歌ちゃんの重みを実感できました。

逢田梨香子さん
あの1stライブから、強くたくましく、そして素敵になって帰ってきました。
次はもっと成長した私を見せます。その言葉を現実にし、見事なパフォーマンスを披露しきった姿から、梨子ちゃんの強い気持ちを受け取ることができました。

諏訪ななかさん
ツアータイトルとなったHAPPY PARTY TRAINのセンターとして、今回のライブツアーで念願の大役を担いました。
果南ちゃんの愛がこもった、ちょっぴり大人びたパフォーマンスには心を撃ち抜かれました。

小宮有紗さん
今回のライブでも、彼女の持つ類稀なるマルチな才能をフルに発揮していました。
黒澤家の頼れるおねいちゃあ。そんな役回りを完璧に演じきれるのもありしゃならではだと思います。

斉藤朱夏さん
曜ちゃんの持つ、いい意味で子供っぽい無邪気な姿。
そんなありのままの姿で、最初から最後まで輝きに満ちた、全速前進のパフォーマンスで盛り上げてくれました。

小林愛香さん
凄まじい歌唱力に、クールな姿からおバカな姿まで、堕天使ヨハネのパワーをフルに見せつけてくれました。
これからもあいきゃんの、ヨハネのリトルデーモンとして堕天したいって思わせてくれる、そんな力強さを実感しました。

高槻かなこさん
1stよりもさらに素敵になった、100点花丸の演技を見せてくれました。
最後のMCで告げた彼女の一声は、辛いことや苦しいことがあっても頑張って生きてみせるという勇気を僕にくれました。

鈴木愛奈さん
元気いっぱいで力強い、まさにシャイニーな姿を見せてくれました。
そして時々見せる涙もろい一面にも心を打たれ、これがマリーの持つ本来の性格なのかもしれないと思わせてくれました。

降幡愛さん
公演を重ねるたびに元気が増えて、どんどんかわいくなっているような気がします。
黒澤家のちょっぴり頼りない妹。だけど秘めた想いは誰にも負けない、そんな姿を見事に演じきってくれました。

これからの僕の想い

次に、これからの僕の想いを述べたいと思います。

先述のように、僕は複雑な気持ちを抱えたまま「ラブライブ!」というコンテンツに近づいていき、さまざまなトラブルや葛藤を経て、心にあった壁も薄れ、そして今ではラブライブを愛する一人の人間として成長することができました。
これは、みんなで物語を叶えることができたからです。
僕はあの日の奇跡にこそ乗り遅れてしまいましたが、これからの奇跡を追い続けていきたいと、心から思えるまでになれました。

そしてまもなく、サンシャイン2期が放送開始されます。
どんな未来かは僕もまだ知りませんが、PVではどうやら辛い展開になっていくことが予想できるのではないでしょうか。
僕は梨子ちゃんが東京に帰ってしまうのでは?と考えています。あの千歌ちゃんとの絡みには、どこかそのような意図が見えたからです。
でも、彼女たちの、0から1を作り、1から10へ、10から100へ、その諦めない強い気持ちが、いつか夢を叶えてくれると信じています。

僕もこれまで積み重ねてきた奇跡とともに、これからもAqoursを、そしてこれからのラブライブを、全力で応援していきたいです。

最後に

最後は一言でシメます。

最高でした。

1stのあの奇跡から、0から1へ、一歩踏み出した重みを実感します。
僕にはもう、あの日の思いはこれ以上の言葉で飾ることができません。

会場の皆様、そしてAqoursの皆様、本当に本当にありがとうございました。

3rdも絶対参戦するからなあああああああああああああああああああああ!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
ご意見、ご感想などございましたら、コメントもしくはTwitter@mzampkまでお願いいたします。

Special Thanks

今回の参加にあたって一緒に楽しんでくれた大切な仲間を紹介します。
ライブ後、感想を話し合いながら一晩飲み明かしました。

まさん氏…ライブチケットを当ててくださった恩人のオタクです。
(Twitter: @masanlive / Blog: まさんの駄べり日記 > 当該記事)

なるす氏…伊波杏樹さんガチ恋オタクです。
(Twitter: @zaporte_pro / Blog: ヤシの木に実がなるす > 当該記事)

やっし→氏…声優ガチ恋の道に目覚めたオタクです。
(Twitter: @toLO668 / ※ブログはなるすと共同)

コメント

このブログの人気の投稿

【ポケモンSM】シーズン5シングル使用構築 †リザードン堕天~漆黒のX~†【最高最終2008】

【ポケモン】今だからできるメガリザードンYの考察

【ポケモン】ナットレイ+ヒードラン+α【組み合わせ考察】